KS Effector & Project Y.M.D.とは…

2012年、超絶ギタリストKelly SIMONZ氏本人のサウンドプロデュースにより、以前から構想していたオリジナルエフェクターの企画開発が始まり、幾度のテストの試奏と調整を経てメインで使用する3機種 ( KS-HRD / KS-808 / KS-BLS )の試作機が完成。

ライブやセミナーでの試作機の使用で改良を重ね、ほぼ同時期から電子機器に関する基礎知識、製産の為のノウハウや工業技術を工場長が一から学び試行錯誤を経て2013年10月、遂に待望の【KS Effector】シリーズ3機種がインターネット先行販売が開始されました。

開発者、デザイン発案者の協力、監修の元、工場長オールハンドメイドを目指したブランドがこの時スタートしました。最小人数でのプロジェクト立ち上げから工場長の独立を最終目標に新たな可能性を秘めたプロジェクト、それが【Project Y.M.D.】なのです。

一台製作するごとに使用する約70種類以上の部品から成り立つパーツの一個一個を工場長自らで発注し、基板の組み上げ、動作テスト、注文受付、梱包、発送を全て一人で行っています。

2014年からは全国の小売店( 島村楽器 / 愛曲楽器 )での取り扱いが開始。EffEXPO 2014ではブティックブランドとしての企業出展を果しました。

KSエフェクターシリーズの最大の特徴として…

など、細部への拘りを随所に見せるエフェクターとなっております。

メインの3機種がスイッチ1つで切り替わる"オールインワン"を実現した、フラッグシップモデル『KS-ODX』、より幅広いプレイヤーへの使用を目的に開発された『KS-250』が発売。

そして2015年、シリーズ売上ナンバーワンの『KS-808』がより進化を遂げた待望の『KS-808Turbo』がデザイン新たに完成しました。

現在、この他にも現在開発テスト段階の『KS-ODXⅡ』の発売も予定しております。

KSエフェクターをアナタのエフェクターボードに組み込めば、ステージではより異彩な存在感を放つ事となりセッションやライブステージでは大いに注目を集める事になるでしょう。様々なキャラクターを持つブースターを揃えておりますので必ずやお気に入りの一台が見つかると思います。

是非一度お試しあれ!

Project Y.M.D. 工場長

 

Ks Effector Series Line up

KS-HRD KS-808 KS-BLS KS-250 KS-PLX KS-ODX